食物アレルギーや喘息からアトピーなどの皮膚疾患まで

tel:078-271-7116
初心者の方事前予約はコチラ
アレルギー科

Allergies

食物アレルギー・花粉症・気管支喘息などアレルギー疾患

ALLERGIES

食物アレルギーや花粉症、気管支ぜんそくなど、
アレルギー疾患を専門に診療を行っています。

アレルギーは、長く治療を続けていくことが多く、生活スタイルや食事などご家族の方の協力も必要になることがあります。
そのため生活環境・日常生活の状況などをお聞かせいただいた上で、お一人お一人に合う治療方針を相談しながら決めていきます。

こんな症状はありませんか?

  • 皮膚症状 /
    かゆみ、じんましん、湿疹、赤くなる
  • 呼吸器症状 /
    鼻水、鼻づまり、くしゃみ、咳、ゼイゼイ・ヒューヒューといった呼吸音
  • 目や口の粘膜症状 /
    眼のまわりのかゆみ、充血、涙、唇・下の腫れや違和感
  • 消化器症状 /
    下痢、嘔吐、吐き気
  • その他症状 /
    脈が速い、血圧低下、意識朦朧、アナフィラキシー

上記のような症状でお悩みの方は、我慢せず一度ご相談ください。
主に以下のようなアレルギー疾患の可能性があります。

  • 食物アレルギー

    私たちの体には、体内に侵入してきた異物に対して抗体「IgE」をつくり、これらを攻撃して体を守ろうとする働きがあります。この働きが、ある特定の物質に対して過剰に反応してしまうのがアレルギー反応です。食物アレルギーの場合、食べ物に含まれる主にタンパク質が異物(アレルゲン)と認識されて症状が引き起こされます。
    血液検査では、全てのアレルゲンに対するIgE抗体を測る方法(非特異的IgE検査)とアレルゲンごとにIgE抗体を測る方法(特異的IgE検査)とがあります。
    この血液検査だけで食物アレルギーの原因を特定できませんが、詳しい問診と併せて診断します。

  • 気管支喘息

    気管支喘息とは、発作性の呼吸困難、喘鳴、咳を繰り返す疾患で、慢性的な炎症が気道におこり、気道の過敏性が亢進することが原因と考えられる。
    治療薬としては、成人の場合、吸入ステロイドが主体となります。ステロイドは気管支の炎症を抑える効果があるお薬で、症状がなくても毎日続けることで気管支喘息の悪化を防ぐことができます。重症度を4段階にわけ、重症度にあわせて、低~高用量の吸入ステロイド薬を使い分けます。
    これらの治療でコントロールされない時はステロイド+気管支拡張薬(長時間作用型β2刺激薬)の合剤吸入、気管支拡張薬、抗アレルギー薬といった内服薬も併用します。
    適切な治療を受けていれば、発作を減らしなくすことが可能で、生活の質(QOL)は確実に向上します。

蕁麻疹、アトピーなど皮膚科疾患

DERMATOLOGY

当クリニックでは、アトピー性皮膚炎をはじめ
ニキビ・イボ・蕁麻疹などの皮膚疾患の診療も行っております。

  • アトピー性皮膚炎

    アトピー性皮膚炎は、強いかゆみと発疹が繰り返しあらわれる、皮膚のバリア機能が弱まった乾燥した皮膚の症状です。
    皮膚の乾燥を抑える目的で保湿剤を、炎症を抑える目的でステロイド軟膏(重症度にあわせてステロイドの強さを調節)を、内服薬では抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤、漢方薬を処方します。
    血液検査としては、非特異的IgE検査、特異的IgE検査に加えTARC(アトピー性皮膚炎の重症度の評価に有用な検査)も測定します。
    皮膚の状態がよくなればTARCの値も低下する為、現在の治療が適切が確認する事ができます。

  • にきび(尋常性ざ瘡)

    顔、背中、胸に見られる炎症性皮膚疾患のひとつで、一般的に青少年の顔面に見られるにきびです。
    跡が残らないように早めの治療をおすすめします。抗菌薬、ビタミンA配合薬の外用薬、ビタミンC ビタミンB6の内服、症状にあわせて漢方薬を処方します。

  • イボ(尋常性疣贅)

    手指、足底にみられるイボ状の丘疹でヒトパビローマウイルス(HPV)の感染により生じます。液体窒素を使用して除去します。
    通常、治療は1~2週間隔の通院で5~6回程度要しますが、足底では半年近く治療にかかることもあります。

  • 蕁麻疹

  • 接触性皮膚炎

  • 水虫(白癬)

  • ヘルペス(帯状疱疹)

  • 脂漏性皮膚炎

  • 毛包炎

  • 脱毛症

上記の疾患以外にも、
気になる症状があれば気軽にご来院ください。

血液検査によるアレルギー検査のご案内

VACCINATION

当クリニックでは、各種アレルギーに対して
血液検査を実施しております。

血液検査
血液におけるIgE抗体の量を調べることで、アレルギーの有無や程度を調べることができます。
ダニやハウスダスト、花粉、カビなど、150以上のアレルゲンが検査可能です。
健康保険の範囲では、1ヶ月に1度だけ、13個まで検査できます。
Viewアレルギー39(外注検査)
アレルギー症状の起きやすい39項目を13項目分の費用で一度に検査できます。
一度に沢山の種類のアレルギー検査ができるので、思いもしなかったアレルギーの原因が判明するかもしれません。

検査費用は3割負担で
約5,000円となります。

  • 吸入系その他のアレルゲン

    室内塵 ハウスダスト、ヤケヒョウヒダニ
    動物 ネコ、イヌのフケ
    昆虫 ゴキブリ、ガ
    樹木 スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ
    イネ科 カモガヤ、オオアワガ エリ
    キク科 ブタクサ、ヨモギ
    真菌(カビ) アルテルナリア(スズカビ)、アスペルギルス(コウジカビ)、カンジダ、マラセチア
    その他 ラテックス
  • 食物系アレルゲン

    卵白、オボムコイド
    牛乳 ミルク
    小麦 小麦(実)
    豆・穀・種実類 大豆、米、ソバ、ピーナッツ、ゴマ
    甲殻類 エビ、カニ
    果物 キウイ、リンゴ、バナナ
    魚・肉類 マグロ、サバ、サケ、牛肉、鶏肉 豚肉

神戸市中央区の春日野道駅中山内科クリニックについて

CLINIC INFORMATION

所在地
〒651-0077
神戸市中央区日暮通3-1-1トミーハイツ1F
電車をご利用の方
阪神「春日野道」駅から北へ徒歩4分
阪急「春日野道」駅から南へ徒歩6分
お車でお越しの方
車をご利用の患者様は近くのコインパーキングをご利用ください。
※時間分の料金をお支払い致します。
  • 内科
  • アレルギー科

診療時間

[休診日]
水曜午後 / 土曜日午後 / 日祝

pagetop